leef4.gif(269 byte)花の森こども園とは

leef2.gif(269 byte)ごあいさつ leef2.gif(269 byte)大切にしていること leef2.gif(269 byte)花の森のフィールド leef2.gif(269 byte)これまでのあゆみ

logo.gif

   

leef2.gif(269 byte)ごあいさつ

本園の教育目標である、「自由と友愛の幸福感を持つ人となる土台を育む」ために、
人柄の根が育つ幼児期に思いを寄せることはとても大切です。

それが拙速に目に見える花を咲かせることばかりに心を奪われていると、その子は
長じてどんなに恵まれた環境や名声を手にしても、もはや真の自由を得ることは出来ず、
肥大した自尊心に苦しみ続けることになるでしょう。

あるいは、人生の目的が他者との優劣にとどまると、その浅薄な価値観は生涯の孤独を
生むことになるでしょう。

わたくしどもの園が主眼とする、四季折々の自然の中での、受け身ではない「自らに
由る遊び」や「体験」は、こどもが自ずとその諸感を使い、情報を選び取り、遊びを
楽しむためのルールや表現を主体的に生み出そうとします。これこそ、こども自身が伸び
ようとする力「自己教育力」です。わたくしどもは、こどもたちのこの力を信頼して
います。

ですからこどもの周りにいる大人の責任は重大です。幼児期のこどもには、こどもを
あるがままに理解する人々に囲まれて、人間が生まれながらに持っている、愛されたい、
認められたい、役に立ちたいという基本的な欲求が生活(遊び)の中で、充分に満たされ
ていくことがふさわしいのです。

こどもの「自己教育力」が尊重されて、仲間と共に自然界のあらゆるものの恩恵を感じ
ながら遊び尽くすことによってのみ 自らを信頼し、他者の存在を理解し、尊敬し、共生
していこうとする力を深部に宿した人間に成長すると考えます。

この園は、お母さんたちが作った草奔出所のようちえんであり、また園児に限らず、
ご縁のある人たちが年齢を超えて、生涯育ち合うところです。

わたくしどもは、今日の遊びが、こどもたちが大人になっていく過程で経験するで
あろう、様々な困難を乗り越える力の源となり、やがてこのこどもたちが地球の礎となる
日につながっていることを楽しみに想像しながら、日々こどもたちを迎えています。

代表 葭田あき子

↑このページのトップへ戻る↑

 

leef2.gif(269 byte)大切にしていること(教育について)

巣箱 ■教育の理念
 いろんな命との共生
 自然の中で自ら伸びるこども
 諸感と意感を磨く

■教育目標
 自然の中で季節の移ろいを体全体で感じる事によって、心身を鍛え、仲間との遊びの中で、豊かな感性と表現を身につけることによって、自由を発見し、友愛の幸福感を もつ人間としての土台を育む。

↑このページのトップへ戻る↑

 

leef2.gif(269 byte)花の森こども園のフィールド ムクゲ自然公園

花の森こども園は、美しい花々と緑豊かな自然にあふれる「ムクゲ自然公園」を主な活動場所としています。

フィールドマップ

↑このページのトップへ戻る↑

 

leef2.gif(269 byte)これまでのあゆみ

あゆみの写真

2008.1.6 「こども達がこどもらしくあるために・・・」
思いのある数名で集まり、最初の話し合いを持つ。
「自主運営のようちえん」を始めるために場所の候補を検討
1.12 話し合い・・・年間予定と場所の候補地を絞込み
1.20 二つの候補地を見学
1.26 話し合い、候補地の検討
2.2 場所を「ムクゲ自然公園」に決定する
2.11 話し合いとムクゲ自然公園の見学
2.16 話し合い、立ち上げのための準備に入る
2.24 打ち合わせ、パンフレット準備
2.25 パンフ打ち合わせ
2.26 園名「花の森こども園」に決定
2.29 パンフレット完成、電話番号決まる
3.4 元食堂「山ねこ亭」の掃除開始(窓拭き、網戸洗い)
3.8、9 お掃除
3.11、12 お掃除
あゆみの写真
3.18 外壁の水洗い、靴箱サイズ確認
3.19 外壁のペンキ塗り
3.23、27 打ち合わせ
4.5~7 お花見兼打ち合わせ
4.10 開園式
2009.5 森のようちえん国際フォーラムin韓国に招致される
2010.4 特定非営利活動法人の認証を得る

↑このページのトップへ戻る↑